上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.05 近況報告
記事の間隔が伸びまくっております。

見てくれてる人もほとんどいないのでまぁいいか…。

実はふぐたろう1号が死んじゃいました。

朝起きて水槽をみたら動かなくなってました(´・ω・`)

前日まで元気に餌を食べてたし、外傷も見当たらないので原因がわかりません。

一番私に慣れていて、餌も水面までもらいにきてくれる賢いやつだったのに…。


ふぐたろうずの産卵は全部で4回ありましたが、

生きている子供は全部で20匹くらいです。

餌をコンスタントに与えないと徐々に落ちていく…

生きたブラインしか食べないので朝晩2回の餌やりでは十分でないのかな。

1日5回くらい小分けに与えられるともっと成長も早いんだろうな。
スポンサーサイト
産卵がとまりません。。。。
ふぐたろう4号~134号(正確な数は数えてないけど…)は順調に育っています。

毎日、朝晩にブラインシュリンプを与えているのですが、

餌を食べるのが下手な個体が何匹かいまして、

この3週間で20匹くらいは死んでしまいました。

基本的に他の個体は餌をもりもり食べて大きくなってます。

さて、タイトルの件ですが…

さっき水槽見たらまた卵だらけになっとるやんけええええヤ━━(*」´ェ`)」━━ン
久しぶりの更新です。

1週間前にふぐたろうが卵を産みました。

4回目の産卵なので、いつもの無精卵かと思いきや…

めっちゃ子供生まれてるや━━(*」´ェ`)」━━ん


2010.03.18 ザ・フグ!!
ザ・○○シリーズのフグが出版されていることに今頃気づきました…
しかも本屋でアルバイトをしているのに…

軽く立ち読みをしてみたんですがすごくいいかんじでした!
今までフグの飼育本といえば"フグの飼い方―淡水フグから海水フグまで"くらいしかありませんでしたが
ザ・フグは最新の情報とかなり詳しく個々のフグについて書かれているので勉強になります

特に気になった記事はクロスリバーパファー(テトラオドン・パストゥレイタス)の項目です
今までアクア系の雑誌の情報では汽水で生活し、最大で150cmにもなると言われているなんて書いてありましたが
ザ・フグによるとクロスリバーパファーは最大で40cm程度であり、完全に淡水らしいです
なぜ汽水、150cmという情報になっていたかというと
クロスリバーパファーに良く似た別種の汽水フグが近くに生息していて、そのフグは大きくなるのでごっちゃになってたらしいです
この本すごくほしいけど2200円もするんですよね…
ちょっと高いなぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。